傷害事件の再発防止の予防策

某[S社]が2016-09-15のリニュアール改訂で、何故に「検索機能」や「カテゴリー機能」を廃止したのか? 
真意すらも「ひた隠し=頭隠して尻隠さず」なのでしょうか?

逆に、イベントのトップ・ページを公開している狙いは、宣伝と集客効果を狙ったモノなのか? 

何故頭隠して尻隠さずなのか?は、今月具体的な実例を公開した通りです。
イベントのトップ・ページに集合時間・場所がそのまま掲載されている記事が公開されているからです。
YahooやGoogleの検索エンジンで、調べたい語句を代入し検索すれば「丸見え」です。
某[S社]が過去にプライベート・コミュを廃止した時に、mixiやFacebookのプライベート・コミュに鞍替えした人達もいますよね。僕は今回の改訂でFacebookでプライベート・コミュを創設し、別なコミュフレ達と「写真」等で楽しんでます。何故写真? それは写真の画像の「質」「簡便さ」Googleフォートやinstagram等との親和性とデータ・ベース化とクラウドの活用性があるからです。

そのことを知らない管理人やコミュ達が多いのは何故?
村社会だから? 井戸の中に固執つ外界を知らないから? 

逆恨みでトラブルになるリスクを予防することの無知でしょうね。
現実に傷害事件はあります。

健歩会では、安心・安全・信頼性を重視して、イベント・ページのトップに集合場所・時間等不掲載主義に徹底しています。理由は他コミュで発生した傷害事件の再発防止の予防策です。
seesaa_profile_icon

この記事へのコメント