過去の首位が転落、新勢力先が首位化

何故、そうなるのでしょうか?

フリーのホームページやブログも提供会社が「機能改善」(付加価値機能)を追加し、熾烈競争を行っています。
利用者達も、固執すること無く、人気主力提供会社に鞍替えする時代です。

日本では、2000年12月から2002年1月までのITバブル崩壊による景気後退期、乱立したITベンチャー企業の大半は倒産した。今でも淘汰される厳しい時代でしょうね。固執していたら、突然の提供会社が経営の悪化により事業部の閉鎖や廃業もありました。

(1)今日の日記報告から驚くべき数値
会報解析・参照元解析=20180207
http://kenho.seesaa.net/article/456749316.html
お気づきになってますよね。
2016年10月1日開設以来、新記録更新のPV値の更新履歴で、
第01番目は2018年02月07日の1677/日**
になったことです。
seesaaブログが、リニュアールしその機能の良さから、他社から移行し右肩上昇に突入したのです。
移行することを「決意」し、本当に良かったです。
あの頃の上位会社は次々と廃業や転落に陥ったのです。

主要各社月別速報PV20180207
http://kenho.seesaa.net/article/456749438.html

2018-02月分
ブログ名---累計閲覧数/月---閲覧者数/日
★1位seesaa=7,991 +1,677
★2位grop=7,156 +837
★3位goo=5,437 +817
★4位jugem=2,698 +386
★5位senior=583 +64
で、前日まで、1位だったGropを追い抜た。
★5位senior=583 +64の数値を時系列に点検すると
ジワジワと衰弱が始まっています。
恐らく、愛読者達が他社に鞍替えしている可能性の気配でしょうね。

(2)Yahoo!かんたん写真整理アプリを提供が来月で終了
今現在、スマホで撮影した写真のバックアップ収録は、メインとしは、Googleフォートですが、サブとして、Yahoo!かんたん写真整理アプリも使ってます。しかし、Yahooが2018年3月29日で、アプリの提供とサポートが打切られるから、今日も数社のクラウド・サービス会社(1TBクラスのフリー版は外資系で日本語非対応)なので、サブとして日本語対応のサーポート会社を見つけ出す対策が急務となった。
****

この記事へのコメント