軽量Linuxの選定キーポイント

Windows 7のサポート終了が2020年1月14日に迫った。
Windows (Windows 7 または Windows 8.1) から Windows 10 に移行の広告も掲載さけていますよね。


そんな中、僕はメインで使っているWindows10以外のPCが複数転がっていて移行不可能なものがあります。
普通の利用者なら破棄するPCも、ハードが堅牢なら、Linuxの無償OSを搭載して使っています。
このOS乗換作業は、全て自己責任ですから、保証期間が過ぎ去ったPCのみで行ってます。
最初にLinuxに興味を抱いて、学習を開始したのは、Dell inspriron 700m Windows xp Home Editionです。
もう一台は、東芝Dayabook Windows 7発売当初の製品です。

古いPCにLinuxのOSに移行することに興味が深まり、Linuxアプリを入れ替えながら学習してきた。
しかし、Linuxのアプリが年々向上し、XP(非PAE)対応のLinuxアプリが減少し、使えるものが限定されています。

Linuxのアプリの種類は沢山あって、手持ちのPCとの相性に不一致であれば、不稼働となります。
スペック(仕様、規模・構造・性能の示した仕様書)で下調べして、試行錯誤でトライしています。

最初にLinuxディストリビューションのことが理解出来てないと、自分のPCのスペックと相性が合わずインストールしても不稼働になる確率は高いのです。


長年使って一番愛着心のLinuxは、WattOSR3-LXDE32 jp (Lubutu)です。
何故ならXP(非PAE)対応のLinuxアプリだからです。
使い慣れたGoogleの検索が使えるからです。
昨日から、他のLinuxアプリに切替えたいので、ISOのCD版の作成作業を行ってますが、一つのアプリを試行するのにWifi通信でダウンロードするのに3時間を費やし、CDに焼き付け作業が15分程度費やされます。
実際、CDでライブ閲覧し、動作確認を行って不具合や納得出来なければ、パソコンへのインストールを諦め、次なるLinuxアプリをテストするのです。根気を必要とするのです。
---




この記事へのコメント